プライバシーとは何か?それを守るために考えること

プライバシーとは何か?

日常でよく、プライバシーという言葉を耳にします。この言葉は、私生活や個人情報などを意味する言葉として使われます。それに関する権利をプライバシーの権利といいます。人間にはやはり、他人に知られたくないことがよくありますよね。それを守っていかなくては、もしものことがあった場合に大変なことになります。自分に関する情報で間違ったことがあれば、他者に対して情報の修正や削除を求める権利が必要になる場合があります。では、どうしてプライバシーに関する問題が出てくるのでしょうか。

プライバシーの問題が発生する理由

新聞や雑誌などのメディアの発達により、ゴシップやスキャンダルに関する記事が多くなっているのは、皆さんも実感しているのではないでしょうか。これらに関する内容の記事が出たとき、当初は名誉毀損もしくは侮辱にあたるといった意見が出ました。しかし、アメリカの法律家であるルイス・ブランダイスらが発表した論文において、プライバシーの権利が提唱され、これらの記事に関して独立した権利として取り扱われるようになりました。日本では、「宴のあと」裁判をきっかけに、プライバシーのという言葉が使われるようになり、人格権として認められるようになりました。

プライバシーの権利を保障する個人情報保護法

2003年に成立し、2年後の2005年に施行された個人情報保護法をご存知でしょうか。個人の権利利益を保護することを目的としており、データベース上にある個人情報の管理に関しても規定されている。皆さんは「プライバシー8原則」を知っていますか。これは1980年にOECD理事会により勧告されたもので、この法律の制定にも影響を与えています。収集制限の原則や公開の原則などが勧告内容にあります。しかし、個人情報保護法によって、過剰反応が発生したことがあります。例えば、鉄道事故が起きた際に、家族に対して鉄道会社が安否に関する情報を提供してくれない、などといったこともあるので、必要な時に必要なことが聞き出せないこともあります。

機密文書の廃棄処理は、薬剤による融解が一般的であり、完全に処理されたことを証明するマニフェストを提出することになっています。