やるべきことが多い!?リフォームの工事前にしておくこと

リフォームに関わるお得な制度

住宅をリフォームする際、補助金制度などのいろいろな支援を受けることができる場合があります。たとえば、住宅をバリアフリーにするためにリフォームをするという場合、各自治体から介護保険などの補助金を得ることができる場合があります。また、太陽光発電システムを導入するというリフォームでも、自治体が補助金を出している場合があるので、事前にしっかりと確認しておく必要があるというわけです。補助金を受ける場合は、工事の内容にも条件が出てくるので、リフォームのプランニングをする際にリフォーム会社に相談をするようにしましょう。

ご近所に挨拶することも忘れずに

リフォーム工事をすることになったら、騒音などご近所に迷惑をかけることにもなりますよね。工期がいつから始まるのかということがわかったら、しっかりとご近所にもあいさつに行って、騒音が出そうな時期がいつなのかということを報告しておくようにしましょう。その際には、リフォーム会社の担当者の人も一緒に回ってもらうようにしましょう。工期や工程などわからないことがあった時に、担当者がいれば聞くことができますよね。

トラブルに備えておく

引き渡しをするときや入居後にトラブルになることも少なくなのがリフォームです。たとえば、リフォームに瑕疵があったり不具合が生じたりしたときはどうすれば良いでしょうか。設備機器にも家電製品などと同じように保証期間というものがあります。なので、もしそういったところに不具合があったら、期間内であれば保証してくれます。しかし、その際には保証書をしっかりと保管しておかなければなりません。保証書を紛失してしまうと保証を受けられなくなってしまうので、厳重に保管しておくようにしましょう。

玄関ドアリフォームを行うと、新築同様に生まれ変わります。素材やデザインを自由に選べるという楽しみもあります。