代理店とはどういった仕事をしているのか?

供給者の代理人として活動

代理店とは、商品やサービスの供給業者に代わって、その商品やサービスを提供する者のことを言います。通常このような形態をとっている場合、供給者は直接自分で商品やサービスを提供していない場合が多いです。なぜそのようなスタイルをとっているのかというと、多くの者と代理店契約を結ぶことで、直接自分で消費者へ提供するよりも、広く商品やサービスを消費者へ販売することが可能だからです。また、自前で店舗を構えるよりも、コストがかかりません。

代理店の法的性質について

代理店の権限は、供給者との関係でどのようになっているのかは、契約内容によって異なります。考えられるものとしては、代理店に代理権を与え、代理店が消費者と行った契約が直接供給者に帰属する形があります。また、代理店には代理権を与えず、仲介させるといった形も考えられます。代理権の有無が何に影響するかというと、契約当事者間の法的関係が異なります。代理の場合は民法の代理の規定が適用され、トラブルが生じた場合、基本的に供給者が消費者に対して法的責任を負います。仲介の場合は、代理店が消費者に対して責任を負います。

代理店が用いられる業種

代理店契約が締結され、代理店が供給者のために業務を行うといったスタイルは、様々な業種で用いられます。一例として挙げられるのは、保険代理店です。通常保険会社は、自分で保険営業をすることはありません。そのほとんどが代理店契約によって、営業を外部に依頼しています。これは、保険は契約者との密接なつながりを必要とするものであるため、営業する会社は地域に密着した会社の方が望ましいからです。それに、前述のように、コストをかけずに広く契約者を集めることができるというメリットもあることも、理由の一つです。

代理店の募集を見つけたい場合には色々な種類の業種が揃っている専門のサイトを活用すれば良い条件で応募が出来ます。