秘書になりたい!派遣として就く秘書のしごと

どんなことをしているの?秘書業務の内情

秘書の仕事ってどんなことをしているんだろうと疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。実は、秘書と一言で言っても、個々の会社によって業務が異なっていることがあります。また、各企業によって、社長や役員に対し専属の秘書を付けている場合もあれば、グループ秘書として、チーム体制で秘書業務を行っているところもあります。さらに、一般企業の秘書、病院に勤める医局秘書、弁護士や大学教授などの専門職の人に付く秘書など、その種類もさまざまです。しかし、総じて言えることは、秘書は、上司の仕事をサポートすることが主な業務です。上司の業務がスムーズにすすめられるように、幅広い業務をこなすことが必要とされます。電話の応対、来客の対応、スケジュールの管理など基本的な業務から、応用業務まで、柔軟に対応しなければいけない仕事を行っているが秘書なのです。

派遣で就く秘書の待遇

派遣会社の求人サイトを見ると、意外と多く目につく仕事が、秘書です。時給も比較的高いものが多い点も特徴です。必要な資格を条件にしていないところもあり、一見すると、簡単に志望することができそうな求人ですが、秘書としての経験を求めているものも多くあります。期限付きでの募集が多いようですが、仕事ぶりによっては、期限を延長してもらえることもあります。また、上司が会社で力のある役員待遇であることが多いため、場合によっては、正社員の道も開けることでしょう。

秘書になりたい!必要なスキルとは?

派遣の求人サイトを見てみると、特別な資格を求めていないものも少なくありません。そのような中でも、比較的多く求められているものに、秘書検定があります。資格をもっているからといって採用されるとは限りませんが、秘書として基本的なことを知っているというアピールにはなることでしょう。また、上司の業務内容によっては、外国語の能力を求められることもあります。その場合には、初級レベルではなく、上司の業務の右腕として成り立つ、コミュニケーションが十分にとることができるレベルを求められることが多いようです。基本的には、派遣の秘書は、即戦力が求められることが多いため、経験の有無を見られることも多くあります。経験がない人は、それに代わるものをアピールすることが必要でしょう。基本的なビジネスマナーや事務能力はもちろんのこと、細かな気遣い、コミュニケーション能力、行動力など、幅広いスキルが求められるのが秘書なのです。

秘書の派遣を利用する事によって、優秀な人材を派遣してもらう事が出来ますので、安心して仕事を任せる事が出来ます。