目立つ!便利!デジタルサイネージ(電子看板)について

デジタルサイネージってナニ?

デジタルサイネージ(電子看板)とは、各種ディスプレイやプロジェクターなどを使って静止画や動画、文字情報を表示する広告のことです。ビルや建築物の壁面に設置する大型タイプから、店頭や施設内部、電車内部などに設置する小型タイプなどさまざまな種類や大きさのものがあり、近年街のあちこちで見られるようになりました。商品やサービスの宣伝の他、会議室や多目的ホールなどで行われているイベントの案内や、地図や周辺地域の紹介などにも使われているんですよ。

普通の看板と較べて良い所

電子看板の良い所は、何といっても表示内容を自由に切り替えられる点にあります。普通の看板であれば、宣伝したい内容が変わる度に新しいものが必要ですが、電子看板なら表示するデータを変更するだけで済みます。便利ですよね。時間ごとに内容を切り替えたり、静止画よりもより目立つ動画を流すこともできます。単体でデータの切り替えができるタイプや、LANやインターネットに接続し、それらのネットワーク経由で表示内容を設定できるタイプもあります。

こんなタイプもありますよ

今まで紹介してきた通り、電子看板は静止画の他、動画も流せます。その他、音声が流れるものもあります。あと、タッチパネル式になっていて、必要な情報を選択して表示できる便利なタイプもあります。それからスマホと連携して、利用者が情報を受信できるサービスを実施しているタイプもあります。広告主は、その利用者情報を蓄積して、興味を持って利用してくれた人がどれぐらい居るか、何時に利用する人が多いのか等を分析することが可能なんですよ。

看板はそのお店がどのようなところかを表すもので、目立つものなら集客率アップにつながるというメリットがあります。