仕事をしていて、ちょっと成長したかも・・・と思うのはどんなとき?

与えられた量以上の仕事量をこなせたとき

新しい職場に就いて慣れない仕事を始めたときは、誰でも覚えるのに必死で与えられた仕事をこなすのに必死なものです。けれどもだんだんと慣れてくると、気が付くと与えられたこと以外にも仕事ができていることはありませんか?それは自分に余裕ができてきた証拠、成長している証拠です。仕事ができるようになると、言われたことやマニュアル以上のことにも手が回るようになるんですね。そうしてどんどん、社会人として成長していくのです。

後輩に仕事を教えることができたとき

新人のときは自分のことだけで必死で、とても他人に仕事を教えるなんてできなかったはず。それでもいつか、自分より後に入ってきた後輩に頼られるようになり、仕事を教えている自分がいるものです。後輩に仕事を教えることができるようになったとき、そこにはとても成長した自分を感じることができるでしょう。人に教えるということは難しいものです。教えるだけの知識も技能も要り、また信頼関係も必要になってきます。後輩に頼られ指導することで、また大きな成長を遂げることになるはずです。

先輩や上司に褒められたとき

職場で一生懸命働いていると、自分の仕事の出来がどの程度のものなのか自分ではよく分からないときもあるものです。そんなときに先輩や上司から褒められることがあると、自分の成長を感じることができるものですよね。上の人に認められるというのはとても嬉しいものであり、励みにもなるでしょう。自分の頑張りを認めてくれる人がいることは幸せなものです。上司のアドバイスなども参考にしながら、より向上していけるように頑張りましょう。

仕事をする上でワークフローはとても大切で、業務のマニュアル化としては非常に重要な役割を果たすものとして重要視されています。