ノウハウなしで始められる、代理店ビジネスって何?

研修アリ、商材アリ、ですぐに始められる

代理店と言うと保険業界がまず思いつきますが、一見簡単に始められるようには見えません。営業経験があるのであればまだいいですが、別業界で働いていたとか、そもそも営業経験なんてないし保険についての知識はどう覚えたらいいの、とか。不安になることばかりかもしれません。他にも独立をして事務所を構えるのだから資金がどれくらい必要か、といったことも考えてしまいます。それなのに簡単に始められる、というのはどういうことなのでしょうか。

ノウハウなどの研修が受けられる

代理店を募集している企業の本部にとって、知識の不足している代理店に自社のサービスをいいかげんに扱われたりすると損害につながりかねないため、商品知識は元より販売のためのノウハウなどの研修を積極的に行ってくれます。また、これは最初だけ、ということもなく継続的に担当社員のサポートを受けることができるのです。何でも初めての仕事には不安がつきものですが、売上のためという分かりやすい理由だからこそ手厚い支援を受けることができます。

商材開発が不要だからすぐに始められる

どのような業種にしても独立をするのには販売する商材が必要です。その開発には技術やマーケティングなど、専門的な知識が必要ですので独立は難しいと思われがちです。それができるスタッフと一緒に独立をするという手もありますが、開発のためには資金が大きく必要です。そういったリスクを負うことなく始めることができるのも代理店ビジネスの特徴でしょう。商材や販促グッズなどは本部企業が用意していて、代理店は契約をとるまでの仕事ですから在庫を抱えることもないですし、発送やアフターサービスも本部で行います。ですから事務所も自宅でできたり、と低コストで始められるのです。

今の時代外注できるものはすべて外注することが大事ですから業務委託にて外注して経営をスリム化していきましょう。