よくあるトイレ詰まりのトラブルはまずは落ち着いて対処

流した後に詰まった場合の対処法

トイレ詰まりで特に多いケースとして流した後に詰まってしまうトラブルがあります。こうしたケースではほとんどの場合、トイレットペーパーの使いすぎや排泄物のつまりなどが原因ですからこれらを取り除けば直る場合がほとんどです。トイレ詰まりを取り除くにはゴム手袋などを用いて手で取り除く方法もありますが、衛生面が気になる場合にはトイレ詰まりを取り除くラバーカップを使うと吸いだして取り除けるので手を使う必要がありません。

流していないのに詰まった場合には

トイレ詰まりで稀にあるケースとして流していないのに突然詰まってしまうということがあります。こうした事例ではトイレのすぐ下の配管に異常があるので、業者を呼んで直してもらう必要があります。放置しておくと水が逆流してしまい水浸しになってしまいますからすぐに修理業者を呼びましょう。トイレの直下の配管に何らかの異物が詰まっている場合や配管のトラブルがあるこのケースでは配管を交換しなければならないこともあります。

自力で対処出来ない場合には水回り業者へ連絡

いずれのケースでもトイレ詰まりのトラブルは水回りの業者に修理依頼すればすぐに駆けつけてくれますから、対処方法がわからないなら連絡を入れて呼ぶとよいでしょう。ほとんどの水回り業者が365日24時間対応可能ですので深夜の急なトラブルや詰まりでも修理を実施してくれます。修理料金は出張料込みで工事前に提示してくれますので安心です。いつ起こるかわからないトイレのトラブルは水回り修理をしている業者に任せるのもよいでしょう。

水道工事とは、トイレやキッチンやおふろの水漏れやつまりを改善してくれます。それによって、快適な生活が実現するのです。