身近なところに存在する代理店とはどんなところなのか?

契約締結や販売を代理している

街中を歩いていると、看板に代理店と入っているお店を見かけますよね。字面から何かを代理していることはわかると思いますが、具体的な仕事内容をご存知ですか。これらのお店は主に、商品を製造したりサービスを考案している業者の代わりに、消費者と契約を結ぶことを主としています。例えば化粧品であれば、売買契約の代理、保険であれば保険契約の締結を代理しています。とはいえ、法的観点はともかくとして、これらのお店は自己の名で商売しているため、一般の消費者は区別する必要はないでしょう。

代理店の仕組みの良い点

このような仕組みは、なぜとられているのかわかりますか。これは、商品やサービスを販売する者と、それらを製造、考案する者の両者にとってメリットがあるためにとられています。販売する者は、自分に商品やサービスの製造や考案をする能力がなくても事業を行うことができ、供給業者の知名度を利用することを可能とします。供給する側のメリットは、自己資金を多く使わずに、比較的少額の手数料で、販売先を拡大することができます。つまり、それぞれにとっての利害が一致しているのです。

これからの代理店の展望

このように、代理店は社会経済の発展になくてはならない存在といえます。しかし、現在は、製造業者もインターネットを介することで、低予算で多くの顧客と、直接取引をすることができる世の中となっています。そのため、代理店のメリットは以前に比べて薄くなりつつあります。そこで、今後もこのような形式が維持されるためには、インターネット販売にはない良さというものを追求していかなくてはならないでしょう。例えば、人を介して販売する形式を前面に生かし、丁寧な接客、アフターサービスを充実させることなどが考えられます。代理店という形式がどうなるか、今後の展開に注目してみると、面白いかもしれません。

代理店の募集というのは重要なお仕事なんです。素晴らしい商品があってもそれが売れなくては商売になりません。でも、代理店という制度を使うことによって商品開発に専念し販売網を広げる、これが大事なんです。